MENU

韓国語のことわざ

2020 11/23
韓国語のことわざ

ことわざで覚える韓国語
韓国語にも多くのことわざ(諺)があります。ことわざには文化や環境の違いが色濃く出るため言語背景を含めて深い理解ができるため語学学習にはとても適しています。

このページでは韓国語のことわざや格言を沢山紹介します。
好きな言葉から学びましょう。

가는 날이 장날이다(行く日が市の日)

가는 날이 장날이다

<直訳>
行く日が市の日。
<意味>
なにかしようと動き始めた日に限って運のないことが起こる。否定的な意味でつかわれる。
なぜ市の日が否定的な意味になるかというと、人に会うためにせっかく出向いたのに、そこに市が立っているので、行き違いになって会うことができなかった。つまり、「期待していたのにその通りに行かなかった」。犬も歩けば棒に当たる。

가문 덕에 대접 받는다(家紋のおかげで接待される)

가문 덕에 대접 받는다

<直訳>
家紋のおかげで接待される
<意味>
親の七光り。

가재는 게 편이다 (ザリガニはカニの味方をする)

가재는 게 편이다

<直訳>
ザリガニはカニの味方をする
<意味>
人は、自分と似ている状況や立場の人の味方にする意味。

가지 많은 나무에 바람 잘날 없다(枝の多い木に風のやむ日はない)

가지 많은 나무에 바람 잘날 없다

<直訳>
枝の多い木に風のやむ日はない
<意味>
枝葉が多い木ほど風でよく揺れることから、子供の多い親は心配事が絶えないという意味。

감 놓아라 배 놓아라 (柿をおけ、梨をおけ)

감 놓아라 배 놓아라

<直訳>
柿をおけ、梨をおけ
<意味>
他人の食卓に柿を置け梨を置けと口をはさむことから、出しゃばりすぎているという意味

강 건너 불구경 (川を渡って火事見物)

강 건너 불구경

<直訳>
川を渡って火事見物
<意味>
無関係を決め込み傍観すること。対岸の火事。高みの見物。

개 눈에는 똥만 보인다(犬の目には糞だけ見える)

개 눈에는 똥만 보인다

<直訳>
犬の目には糞だけ見える
<意味>
好きなものがあると、何を見てもその好きなものに見えてしまう。

개구리 올챙이 적 생각 못한다(カエルはオタマジャクシだった頃を考えない)

개구리 올챙이 적 생각 못한다

<直訳>
カエルはオタマジャクシだった頃を考えない
<意味>
自分が未熟だったことを忘れ、さも初めから一人前であるような言動に対して使う。

개똥도 약에 쓰려면 없다(犬のフンも薬に使おうとすると見つからない)

개똥도 약에 쓰려면 없다

<直訳>
犬のフンも薬に使おうとすると見つからない
<意味>
取るに足らないものが、いざという時に限って無い

고래 싸움에 새우 등 터진다(クジラ同士の喧嘩でエビの背中が割れる)

고래 싸움에 새우 등 터진다

<直訳>
クジラ同士の喧嘩でエビの背中が割れる。
<意味>
強いもの同士の喧嘩に弱者は迷惑するという意味。

말은 해야 맛이고, 고기는 씹어야 맛이다.(干ばつに豆が生えるようだ。)

말은 해야 맛이고, 고기는 씹어야 맛이다

<直訳>
干ばつに豆が生えるようだ。
<意味>
非常に珍しいことが起こること

금강산도 식후경(金剛山も見物は食事後)

금강산도 식후경

<直訳>
金剛山も見物は食事後
<意味>
名山も食後の後に眺める。花より団子

꿩 먹고 알 먹는다(キジを食べ卵も食べる)

꿩 먹고 알 먹는다

<直訳>
キジを食べ卵も食べる。
<意味>
一石二鳥

낙타가 바늘 구멍 들어가기 보다 어렵다(ラクダが針の穴に入ることより難しい。)

낙타가 바늘 구멍 들어가기 보다 어렵다

<直訳>
ラクダが針の穴に入ることより難しい。
<意味>
否定的な意味で、非常に難しいことを言う。元々は聖書の言葉。二階から目薬。

남의 떡이 커 보인다(他人の餅は大きく見える)

남의 떡이 커 보인다

<直訳>
他人の餅は大きく見える。
<意味>
隣の芝生は青い

누워서 떡 먹기(横たわってモチを食う)

누워서 떡 먹기

<直訳>
横たわってモチを食う
<意味>
朝飯前、容易いこと

다 된 밥에 재뿌리다(出来上がったご飯に灰をかける)

다 된 밥에 재뿌리다

<直訳>
出来上がったご飯に灰をかける
<意味>
出来上がったものを台無しにしてしまうこと。

달면 삼키고 쓰면 뱉는다(甘ければ飲み込み苦ければ吐き捨てる。)

달면 삼키고 쓰면 뱉는다

<直訳>
甘ければ飲み込み苦ければ吐き捨てる。
<意味>
自分への損得だけで判断する利己的な言動。

닭 잡아먹고 오리발 내민다(鶏をとって食べて、カモの足を出す)

닭 잡아먹고 오리발 내민다

<直訳>
鶏をとって食べて、カモの足を出す
<意味>
シラを切る

뜻이 있는 곳에 길이 있다(意志あるところに道はある)

뜻이 있는 곳에 길이 있다

<直訳>
意志あるところに道はある
<意味>
願わば叶う

무소식이 희소식(無消息が嬉消息)

무소식이 희소식

<直訳>
無消息が嬉消息
<意味>
便りがないのは良い便り。連絡がないのは元気でいる証拠。

비 온 뒤 땅이 굳어진다(雨が降った後、地面が固まる)

비 온 뒤 땅이 굳어진다

<直訳>
雨が降った後、地面が固まる
<意味>
トラブルを経て、より基盤がしっかりすること。雨降って地固まる。

가랑비에 옷 젖는 줄 모른다(小雨で服が濡れるのに気づかない)

가랑비에 옷 젖는 줄 모른다

<直訳>
小雨で服が濡れるのに気づかない
<意味>
小雨でも少しずつ服が濡れていくことから、些細なことと思っていても後で大問題になった時には遅いという警告。

 고양이한테 생선을 맡기다(猫に魚をまかせる)

고양이한테 생선을 맡기다

<直訳>
猫に魚をまかせる
<意味>
信用できない人に任せてはいけない。猫にかつおぶし。

공짜보다 비싼 것은 없다(タダより高いものはない)

공짜보다 비싼 것은 없다

<直訳>
タダより高いものはない
<意味>
下手に得しようとすると、かえって高くついたり、損をするということ。

굴러들어 온 복을 걷어차다(転がり込んできた福をけとばす)

굴러들어 온 복을 걷어차다

<直訳>
転がり込んできた福をけとばす
<意味>
幸運をそうとは知らずに逃してしまうこと

급할수록 돌아가라(急ぐほど遠回りして行け)

급할수록 돌아가라

<直訳>
急ぐほど遠回りして行け
<意味>
急がば回れ

누워서 침 뱉기 듣는다(横たわって唾を吐く)

누워서 침 뱉기 듣는다

<直訳>
横たわって唾を吐く
<意味>
天に唾する。上の人に向かって吐いた暴言の報いは自分に跳ね返ってくる。

돌다리도 두드리고 건너라(石橋を叩いて渡れ)

백문이 불여일견

<直訳>
石橋を叩いて渡れ
<意味>
慎重に行動しなさい

두부 먹다 이 빠진다(豆腐食べて歯が抜ける)

두부 먹다 이 빠진다

<直訳>
豆腐食べて歯が抜ける。
<意味>
否定的な意味で、偶然予想外の出来事に出くわすこと 。油断しては失敗するという意味。

등잔 밑이 어둡다(燭台の下は暗い)

등잔 밑이 어둡다

<直訳>
燭台(しょくだい)の下は暗い
<意味>
灯台下(もと)暗し。近いものやことほど気づきにくいこと。

 물귀신(水鬼神)

물귀신

<直訳>
水鬼神
<意味>
水鬼が水に引きずり込むという言葉で、(悪い境遇に)道ずれにしたりすることや、他人を窮地に引き込むことを言う。

믿는 도끼에 발등 찍힌다(信頼している斧に足の甲を切られる)

믿는 도끼에 발등 찍힌다

<直訳>
信頼している斧に足の甲を切られる
<意味>
信じていたものに裏切られること 飼い犬に手を噛まれる

발 없는 말이 천리간다(足のない言葉が千里を行く)

발 없는 말이 천리간다

<直訳>
足のない言葉が千里を行く
<意味>
噂は広まりやすいこと

가는 말이 고와야 오는 말이 곱다(行く言葉が美しくてこそ来る言葉も美しい。)

가는 말이 고와야 오는 말이 곱다

<直訳>
行く言葉が美しくてこそ来る言葉も美しい。
<意味>
自分の言葉が丁寧で良ければ、人からも丁寧で良い言葉が返ってくるという意味。

가는 정이 있어야 오는 정이 있다(行く情があってこそ来る情がある)

가는 정이 있어야 오는 정이 있다

<直訳>
行く情があってこそ来る情がある。
<意味>
自分が情を示してこそ帰ってくる情もある。魚心あれば水心

가는 정이 있어야 오는 정이 있다 거짓말도 하나의 방편(嘘も一つの方便)

가는 정이 있어야 오는 정이 있다 거짓말도 하나의 방편

<直訳>
嘘も一つの方便
<意味>
嘘も方便。嘘も使いよう

고생 끝에 낙이 온다(苦の果てに楽がある)

고생 끝에 낙이 온다

<直訳>
苦の果てに楽がある
<意味>
苦は楽の種。

말 한마디에 천냥 빚 갚는다(言葉一つで千両の借金を返す)

말 한마디에 천냥 빚 갚는다

<直訳>
言葉一つで千両の借金を返す
<意味>
難しいことでも言葉で解決する。能弁であることや、言葉には力があるので慎重に使おうという意味に使われる

모르는 게 약이다(知らないことが薬だ)

모르는 게 약이다

<直訳>
知らないことが薬だ
<意味>
知らぬが仏

백문이 불여일견(百聞不如一見)

백문이 불여일견

<直訳>
百聞不如一見
<意味>
百聞は一見にしかず。 実際の経験が一番ということ。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

この記事を書いた人

このページの目次
閉じる