MENU

ミニ文学で学ぶ韓国語:蹴りたい背中

2020 7/23

文学の一節から韓国語を学ぶ「ミニ文学で学ぶ韓国語」コーナー
今回は蹴りたい背中の一節から紹介します。

このページの目次

蹴りたい背中から学ぶ韓国語

쓸쓸함은 울려 퍼진다

さびしさは鳴る。

さびしさ쓸쓸함鳴って울려広がる。퍼진다.  

귀가 아플 만큼 높고 맑은 방울소리로 울리며 가슴을 죄어 오기 때문에,

耳が痛くなるほど高く澄んだ鈴の音で鳴り響いて、胸を締めつけるから、

痛い아플ほど만큼高く높고澄んだ맑은방울소리鳴りながら울리며가슴締めつけて죄어くる오기から、때문에,

적어도 들리지 않도록 나는 프린트를 손가락으로 찢는다. 가늘고 길게, 가늘고 길게

せめて周りには聞こえないように、私はプリントを指で千切る。細長く、細長く。


せめて적어도聞こえ들리지ないように않도록プリント프린트손가락으로千切る。찢는다.細く가늘고長く、길게,細く가늘고長く。

종이를 찢는, 귀에 거슬리는 그 소리는 고독의 소리를 지워준다.

紙を裂く耳障りな音は、孤独の音を消してくれる。


종이裂く찢는,障る거슬리는その소리孤独고독소리消して지워くれる。준다.

引用/인용 :「발로 차주고 싶은 등짝」(도서출판황매2004年6月8日)
「蹴りたい背中」2003年2003년 08월 26일

ノート

2003年に芥川賞を受賞した綿矢りささんの小説「蹴りたい背中」の冒頭部分です。
19歳という最年少記録での受賞は当時、話題性が高かったため、韓国でもすぐに翻訳版が出ました。 
好きな本があれば日本語版と韓国語版の両方を購入して読み比べるのも、良い勉強&思い出になります。
ちなみに、翻訳者のチョン・ユリさんは高麗大学の国文科と日本文学科を卒業。その後2003年に東京大学韓国・朝鮮文化研究課程に入学し、在学中に同書の翻訳をしています。

지은이:와타야 리사
옮긴이:정유리
펴낸이:정정란>
の訳を見てみましょう。

作者 綿矢りさ
訳  チョン・ユリ
編集 チョン・ジョンナン

지은이、옮긴이、펴낸이はいずれも~이で終わります。
このは「依存名詞」といって、活用語について「人」を意味します。

지은이は、지은(짓다)+이で作者/著者。
옮긴이は、옮긴(옮기다)+이で翻訳者。
펴낸이は、펴낸(펴내다)+이で発行者。

【​​その他】
예쁘다(かわいい)→ 예쁜이(かわいこちゃん)
못 나다(ブサイク)→못난이(ブサイクちゃん)

ちょこんと関連英語

「蹴りたい背中(英訳版)」
「발로 차주고 싶은 등짝(英訳版)」
I Want to Kick You in the Back

孤独
고독
loneliness; solitude

紙を細長く千切る
종이를 가늘게 찢다
tear papers into strips

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

この記事を書いた人

このページの目次
閉じる