MENU

「ごめんなさい・すいません」の韓国語は?謝罪の言葉をシーン別に解説します。

2021 3/22

謝罪の表現は人と余計な誤解を招くことなく、良い関係を維持するのに助かる表現です。素早い謝罪は人の怒りを柔らかくしてくれますね。このページでは韓国語で「ごめんなさい」や「すいません」など謝罪にあたる言葉について説明します。

このページの目次

韓国語でごめんなさい・すいません

미안(ミアン/未安)

미안(ミアン)というのは人に対して心が済まなく、安らぎがない、恥ずかしい申し訳ないという意味です。

・미안합니다(ミアンハンニダ):すみません、ごめんなさい(丁寧な誤り方)

미안합니다(ミアンハンニダ)は、すみません、ごめんなさいと同じ感覚で使うことができる丁寧な言い方です。知らない方や面識の少ない人の間では、丁寧な言い方が大事です。目上の人に対しても미안합니다(ミアンハンニダ)というのが無難です。

・미안해요(ミアンヘヨ)親しい間柄で使います。

미안해요(ミアンヘヨ)親しい間柄や目下の人を尊重して使えます。

・미안해(ミアンヘ)、 미안(ミアン)

二つとも目下の人や、友達の間で使います。ごめんね、 ごめん、すまん、すまないのように使えばいいと思います。ミーティングや約束に遅れた時や、ちょっとした軽い過ちをした際、または少々の迷惑をかけるとき、例えば人の前を通過する際に使えます。

また、すまない気持ちを強調するためには言葉の前に本当に 정말(チョンマㇽ)、大変・非常にを表す 대단히 (テダンヒ)をつけると、もっと済まない気持ちを伝え易くなります。 

韓国語で申し訳ございません(強い謝罪)

죄송 (チェソン/罪悚)

죄송합니다 (チェソンハン(m)ニダ)

もう一つ謝罪の言葉として 죄송합니다 (チェソンハン(m)ニダ)、죄송해요(チェソンへヨ)があります。 
これは上記で紹介した미안합니다(ミアンハン(m)ニダ)より重くて、恐縮な場面で使用します。

죄송 (罪悚)、罪悚は過ちや罪を犯し恐れ多い、という意味を持っています。
罪悚は日本にはない感じですが、「恐縮」にあたる言葉となります。日本語だと「申し訳ございません」にあたります。

公式的に謝罪する時や目上の人、面識の少ない人には죄송합니다 (チェソンハン(m)ニダ)と、上の人でも親しい人ならば、죄송해요(チェソンへヨ)を使えます。 죄송해요(チェソンへヨ)は目下の人にはあまり使いません。目下の人には 미안해요(ミアンヘヨ)とか 미안해(ミアンヘ)などを使いましょう。

最後に−素早く謝罪の言葉を使って良い関係を作ろう!

韓国語でごめんなさい・すいませんにあたる미안(ミアン/未安)と申し訳ありまえんにあたる 죄송 (チェソン/罪悚)を使って謝罪の言葉と使い分けを解説しました。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

この記事を書いた人

このページの目次
閉じる