MENU

旅行で、旅先で使える韓国語の質問・依頼フレーズを紹介します。

2021 2/23

皆さん、こんにちは

旅行に行ったときにその国の言葉を少しでも知っておけば、現地の人と言葉を交わすドキドキする体験が可能になるかも知れません。一層楽しく、ワクワクする旅行にするため、また、現地で困らないためにも簡単で役に立つ言葉を覚えましょう。今回は韓国旅行で使えるフレーズを紹介します。

このページの目次

~はどこですか? ~은(는) 어디입니까? (ウン/ヌン オディイムニカ)?

~은(는) 어디입니까? (ウン/ヌン オディイムニカ)?は場所を聞くときに使います。初めて行く旅先ではいろんな風景が馴染めなくて、地図を見てもよく分からないことが多いです。その時に、地元の人に聞くと大変、助かります。

トイレはどこですか?/화장실은 어디입니까? (ファジャンシルン  オディイムニカ?)

・화장실=トイレ

レストランはどこですか?/식당은 어디입니까? (シッタンウン オディイムニカ?)

・식당은=レストラン

カフェはどこですか?/카페는 어디입니까?( カフェヌン オディイムニカ?)

・카페=カフェ

このように自分が行きたい所を聞きたい時に使えます。どんどん使ってみましょう。

※気づいた方もいらっしゃるかも知れませんが、助詞が時に은/는(ウン/ヌン)に変わりますが、それは前の単語に終声になる子音があるかどうかによるのです。子音で終わった時は 은(ウン)を、母音で終わった時には 는(ヌン)を使っています。

-ウン/ヌンは 前の言葉とつなげて発音するときに、連音させた方が、より韓国語らしい発音に聞こえる場合がます。

~はいくらですか?/~은(는) 어디입니까?(얼마예요?) (ウン/ヌン オディイムニカ(オオルマエヨ)?

値段を聞くときに使います。物を買うとき、飲食代を支払うときなど価格を聞くとき使います。

これはいくらですか?/이것은 얼마입니까? (イゴスン オルマイムニカ?) 

・이것은(イゴスン)=これは
・얼마(オルマ)=いくら?
・입니까? (イムニカ?)=ですか?

이것은 얼마예요? (イゴスルマエヨ)?

これ(이것은(イゴスン)の代わりに、それは(그것은―クゴスン )、あれは(저것은―チョゴスン)も使う事が多そうですね。また、物の名前を言えるのなら「物の名前+얼마입니까?(オルマイムニカ?)」として使うことができます。

~をください/~ 주세요.(ジュセヨ)

주세요.(ジュセヨ)は 人に何かを頼むときに使います。
レストランでメニューを頼むときや、お店で物を買うときなど旅行で使う韓国語の中でも最も頻繁に使う言葉の一つと言えます。

これ(を)ください/이것 주세요.(イゴッ チュセヨ)

これ(を)ください。という意味で、‘これ`のところに あれ(그것(クゴッ))、それ(저것(チョゴッ))を入れて使いましょう。物の名前がわかるなら、名詞を入れましょう。

これ(を)ください/이것으로 주세요(~イゴスロ チュセヨ)

イゴスロは ‘~で ください’ であって、何かを選ぶとか、はっきりと指定する感じがあります。
그것으로(クゴスロ), 저것으로(チョゴスロ) をいれて使えます

メニューをください/메뉴 좀 주세요.(メニューチョム ジュセヨ)

・메뉴(メニュー)=メニュー

水をください/물 좀 주세요.(ムルチョム ジュセヨ)

・물(ムル)=水

レストランででメニューや水などを頼む際に使う、韓国語の좀(チョム)という言葉ですが、日本語の「ちょっと、どうぞ」にあたり、だれかに何かを頼むときによく使う言葉です。
英語だとプリーズにあたる丁寧に何かを依頼する際に使います。메뉴 주세요(メニュー ジュセヨ), 물 주세요(ムルジュセヨ)と言っても意味は通じますが、「メニューをくれ!」「水をくれ!」のような、ややぞんざいで礼儀のない命令形に聞こえてしまうかも知れません。繊細なところですが、覚えておいて損はありません。気を付けて使いましょう。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

この記事を書いた人

このページの目次
閉じる