MENU

韓国語の漢字語と固有語

2020 11/23
韓国語の漢字語と固有語

 日本語には「インターネット」や「コーヒー」などのいわゆる「外来語」のほか、日本固有の大和言葉である「固有語」(和語)、それに漢字音で読まれる「漢字語」(漢語)があります。

 韓国語にも、日本と同じように、「外来語」も使いますし、「固有語」も「漢字語」も使います。例えば、「外来語」のコーヒーは「커피」です。また、「食事する」は「漢字語」を使えば「식사[食事 ʃikˀsa]하다」で、「固有語」では「먹다[mɔᵏˀta]」です。

 韓国語の「漢字語」には、私たち日本人には慣れ親しんだ漢字の熟語と共通したものが多いので、とても覚えやすいです。(漢字語で語彙力は一気にアップします!!)

例えば、以下のような具合になります。

韓国語日本語違い
이해 (理解) [iɦe]理解意味がほぼ同じ
공부 (工夫) [koŋbu]勉強意味が全く異なる
추의 (注意) [tʃu:i]注意発音がほぼ同じ
종합 (総合) [tʃoŋɦaᵖ]総合発音が全く違う

(解説:하늘다람쥐)

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

この記事を書いた人

このページの目次
閉じる