MENU

韓国語の母音・複合母音について

2020 7/18

韓国語の文字は子音と母音の組み合わせでできています。
このページでは韓国語の基本母音10個+複合母音11個を解説します。

このページの目次

韓国語の母音とは?

ハングルには基本母音が10個あります。
韓国語の基本となるところなのでしっかり覚えましょう。

ㅏ(a)

ㅑ(a)

ㅓ(o)

ㅕ(yo)

ㅗ ( o )

ㅛ(yo)

ㅜ ( u )

ㅠ(yu)

ㅡ ( u )

ㅣ(i)

韓国語の複合母音とは?

ハングルには基本母音を組み合わせて作られた母音もあります。
これら2つ以上組み合わせた母音は「複合母音」と呼ばれます。 
複合母音は11個ありますが、基本母音を覚えていれば、覚えるのはそんなに難しくありません。
一つ一つ、見ていってみましょう。

ㅐ( e)

ㅏ + ㅣ = ㅐ

ㅔ(e)

ㅏ + ㅣ = ㅐ

ㅒ (ye)

ㅑ + ㅣ = ㅒ

ㅖ(ye)

ㅕ + ㅣ = ㅖ

ㅟ ( wi)

ㅗ + ㅏ = ㅘ

ㅞ(we)

ㅜ + ㅓ = ㅝ

ㅘ ( wa )

ㅗ + ㅏ = ㅘ

ㅝ(wo)

ㅜ + ㅓ = ㅝ

ㅢ(wi)

ㅡ + ㅣ = ㅢ

ㅙ (we)

ㅗ + ㅐ = ㅙ

ㅚ (we)

ㅗ + ㅣ = ㅚ

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

この記事を書いた人

このページの目次
閉じる